>

本当にここで買っていいのか迷ったら

怪しいサイトを見抜く方法

個人輸入サイトなどに入ると、日本で扱っていないはずの医薬品も入手できてしまうことがあります。
自分で個人輸入しているつもりはなくても、いつのまにかそうなっていることもあるので注意が必要です。
値段も、極端に安かったりあるいは、高かったりと、正規品であるかどうかを疑ってしまう場合があります。
自分であれこれ悩んでいるよりも、見極める方法としては、まず専門家に聞くのが一番です。
参考になるサイトとしては、「あやしいヤクブツ連絡ネット」で検索していただくと、違法サイトかどうかの相談をそこで行うことができます。
また、厚生労働省のウェブサイトから、「一般用医薬品販売サイトの販売ルール不遵守サイト」に入ることができます。
怪しいな、と思ったらまずそこで検索をかけてみるのもおすすめです。

薬ではなく、ショップ名で選ぶ

購入したくても、そのサイトがちゃんとしているところなのかどうかは、なかなか判別がつきづらい部分はあります。
販売元を見極めるよりも、むしろ「この薬がほしい!」と薬ありきで検索すると摩訶不思議な怪しいサイトにぶち当たってしまうことは、ままあります。
おそらく、間違いが少ないのは、大手の薬局チェーンやドラッグストアのネット部門で探すことだと思います。
また最近は、ネットスーパーでも市販薬が手に入るようになりました。食材などと同様に、風邪薬や、下剤、湿布などの市販薬が数時間で手に入る時代です。
自身の闘病や、家族の看病や育児、仕事などで、家から出られない事情がある人たちにとっては非常に便利な使い方だと思います。


この記事をシェアする