カウンター越しに買うお薬とは

近年、コマーシャルでも耳にすることが多くなった、セルフメディケーションというフレーズが あります。自分で医薬品を選ぶということ以外に、その意図するところは何なのでしょうか。 国がすすめている政策のひとつということもありますが、私たちも、賢く利用していく必要があります。

本当にここで買っていいのか迷ったら

医薬品サイトの通販はたくさんあります。どれを選べばよいのでしょうか。 購入したいお薬が商品名まで明確に決まっていれば、基本的には迷う必要がありません。 しかし、中には同じような薬効の医薬品が種類によって値段がピンからキリまで大きく異なることもあります。

注意すべき飲み合わせ

全てのお薬には効能と同時に、副作用があります。 中には、命に関わる可能性も秘めている副作用もありますが、薬による害よりも利益の方が高いと見込で医者は処方をします。 そして、患者はそれを理解した上で服用するというのが、医薬品服用の正しい理解であります。

セルフメディケーションとはなんだろう

OTC医薬品という言葉も、時々耳にします。
オーバーザカウンタードラッグ(over-the-counter drug)といって、その名の通り、直接陳列棚から、お客さんが手にとって買い物かごに入れることができないお薬なのです。
普段カウンター越しに薬剤師さんの説明や注意点をよくきいて理解してからじゃないと、売ってもらえませんよというお薬が定められています。
分類としては、実際にお店の棚に置かれているお薬の中でも、副作用や飲み合わせなど、飲み方に注意が必要なお薬だという理解でよいと思います。
OTCの中では、第1類~第3類の医薬品に分かれています。
薬効が強く、昔でしたらば、クリニックに受診して処方箋がないと処方されなかったお薬が、近年はドラッグストアのOTCドラッグとして、市販薬として入手できるようになってきました。
処方に比べて、保険がきかない分、お薬代としては割高になりますが、もともと飲みなれていて薬効がよくわかっているお薬も最近は店でも販売されるようになってきました。
ロキソニンSや、アレグラといった市販薬は、ほとんどその成分は処方薬と同じです。
医院が閉まってしまった夕方に突然、アレルギー薬や解熱鎮痛剤を切らしてしまった!という場合でも、夜遅くまで空いている薬局があるとどんなに心強いかわかりません。
常備薬として、昔は(今でもありますが、)富山の置き薬が有名でした。
今のように、広くドラッグストアやフランチャイズ化するようになる前までは、1家庭に1置き薬がおいてあり、使った分だけ定期的に補充しにきてくれる心強いお薬やさんでした。
今は、その役割をネット通販が担っているといっても過言ではないでしょう。